2013/07/26

御歌詞な気持ちが溶け出す~歌詞Data倉庫:編集中のレプリカ~editing replica(SIDE B)


1074787_10151859560809155_893636120_o

応援ありがとうございました!アルバム「編集中のレプリカ~editing replica」(後半5曲)の歌詞を一括掲載致します○o。..。o○(^^♪


 

Mimei No Hoshizora


祈り傾くそのMIMEI
対物レンズの軌跡で

北極星の周りを鎮めて 
アルタイルにすぐ上向いて 

ベガはすでにその心に 
灯り続けること五時間

星降る夜はとうに消えて かすかに見えるデネブを共に見上げるような 遠い冬の約束

想いを抱えたそのプラネタリウムに

東に散らばる輝きに 見つけた君の好きな三等星
想いが重なる 安らかに 愛しい君のために
 MIMMEIの夢のために 結ばれている

祈りは未だ届かずに 過去に振り向く傍らに
空白及ぼす星の光

愛する人は永久に消えて 
消え入りそうな夕日を
最後に見たのはいつか 遠い真夏の記憶

君に逢えるそのプラネタリウムに

北空一面厳かに 探した君の好きな三等星
思い出は空に打ち明けた 愛しい君がいれば
MIMMEIは夢のように 
包まれていく

天の川の縁に残された 数え切れない思念
淡い恋心が 生まれて数年

東に散らばる輝きに 見つけた君の好きな三等星

思い出は空に打ち明けた 愛しい君がいれば
MIMEIは夢のように 包まれていく
                                                        
  





アイスクリーム ショップ!(Icecream Shop!)  



硝子張りの 人影少ない偽物ラウンジで

ミントの雨 知らずに零れて 
心は麻痺する
時が斜め 君も斜め 
赤いランプも光る
玩具売り場を駆け回る様に

 
人々は飲まれていくという 

持て余したルームに抱かれて
お菓子な気持ちが融け出す

数多の幸せ 望むなら 即座に現れる
アイスクリーム ショップ!



タイルの壁 ペンキが塗りたてキラキラ街道で
マダムの影 あちこちの店に 誘われる毎に

道が斜め 僕も斜め ‘愛‘のフランジャーが響く
魔法をかけたY字路にだけ 人々の流れは着くという

建ち並んだ出店に紛れて ホップな煙が噴き出す

有益な幸せ 目指すなら 役には立たないね
アイスクリーム ショップ!

寝巻きのまま自販機に触れて アイスクリームを買いだす
ガラクタの山を掘り返す度 人々は飲まれていくという

持て余したルームに抱かれて お菓子な気持ちが融け出す

数多の幸せ 望むなら 即座に現れる 
アイスクリーム ショップ!
                           




 

真珠色のVISION(The Perly Vision)



夢が醒めて 僕らの屋根は真珠の輝き
雲から落ちた飛行船に 乗り込んで舞い上がれ
夜空に 密かに 星は電波の終着地
ギリシア神話のリアリティーに 溶け込んで

見つめ合う瞳 セグメントを背景にポーズを取っている
クリスタルの美女たちに 真珠色の光を当てて!

女神の口づけは 心までもデジタルに
幾何学模様の 街を飛んでメタモルフォーゼ
描いて その壁に 全て無くなりそうな夢
強烈な 明るみで 人工衛星とダンスを決めよう
通り過ぎたばかりの街は 銀河の彼方へ
あなた好みのパラシュート 捕まえて飛び降りる
世界に 軽薄に 時に僕は救命士
数珠繋がりの送信機は テレパシー

甦る記憶 宇宙都市の夢がゆっくりと更ける
この時間をいつまでも 真珠色の美女に乗せて!

女神の口づけで 声を失いそうになり
原色の孤独に 心病んでメタモルフォーゼ
描いて その壁に 時代錯誤なパラダイス
歪なデザインの ワイングラスで宴を重ねよう

鏡の部屋から 星空に聞こえし 機内放送とラジオが告白し続ける
百光年上空で 新しい愛の容 思考回路が軌道に乗り
光を放つ… 宙を駆ける…

女神の口づけは 心までもデジタルに
幾何学模様の 街を飛んでメタモルフォーゼ
描いて その壁に 全て無くなりそうな夢
強烈な 明るみで 人工衛星とダンスを決めよ













 

若きヨーゼフの空想(Fanciful Josef)





遺された毛髪が全てを物語るなら 孫宇宙より遠く 陽電子も届かない
常世の外のリングに在る 窓辺の子守歌は何処へ…
叙情性は無く 輪郭線も無い 惑星大の虚空に

玉座と共に浮かぶだけ
水底の宮廷に眠り ただ一人そなたを待ち焦がれ…

20世紀を生きた姫君の好きな 革新技術を以てしても訪れ得ない

棺の中聞こえる余の愛の全て 触れられたことのない余の感覚の全て



夢はやがて雪に涙だけが空に 時の流れに埋もれ 晩餐の夜を出よう
記号的な始まりを持つディベルティメントよ永久に

余を救え 愛となれ

早すぎた死から遺される日まで途切れることなく存在し得る舞台
生きた意味が知りたい 

1000年後に行きたい

いつしか降り注ぐ優しい木漏れ日の下で

20世紀を生きた姫君の好きな革新技術を以てしても訪れない

棺の中聞こえる美しい歌声
 
決して出会うことのない 
そなたの真実の愛


 

東京パラレルBOY(Parallel Boy)




 雨の日も 風の日も 覚えた秋の日も
  呼び続けた名前の街も
 いずれ帰るのさ  止むことのない時の影から 零れた夢が見逃せない
                                                       
 次々とすり替わる虹の形
   自ら選んだ羽をいつも震わせ
                                    
苦しみも 悲しみも 通り抜けた別世界も
 握りしめたばかりの メモリーも
  花が開いた日の朝を少年はまだ覚えていると…
  独りきり抱きしめていた愛を
                                                       
  愛だけが遠くなり しるしが壊れても
  街が鮫のように口を 開けても 電波が届いただけさ
   7日前の君の雨傘が水をはじくように伝えられたら…




                                    
                                     僕だけに降りかかるあの日のあれを
                                     いつもなら見過ごすはずの太陽だと思い込ませて
                                    
                                     黄昏も 五月雨も 悲劇的な月明かりも
                                     壁紙に染み込んだメロディーも
                                     君を失した夜の雨が少年を憂鬱にさせると…
                                     蝉の声をよ響け!いつまでも
                                    
                                     僕だけが知っている 魂のフィルム
                          
           パラレルに寄り添う夢に沿って街を行く
                                    
  

                                   苦しみも 悲しみも 通り抜けた別世界も
                                     握りしめたばかりの メモリーも
                                     花が開いた朝の風を少年はまだ覚えていると… 
                                     最後まで抱きしめていた愛を



                                  

御歌詞な気持ちが溶け出す~歌詞データ倉庫:編集中のレプリカ~editing replica(Track1~5

編集中のレプリカ~editing replica~







 




 











  1. インフォーマルダンサー
  2. 一過性のFlight
  3. 漂流地点
  4. Rainy Dayを止めないで
  5. レディエメラルド
  6. Mimei No Hoshizora
  7. アイスクリームショップ!
  8. 真珠色のVISION
  9. 若きヨーゼフの空想
  10. 東京パラレルBOY